東京の日常 - 週末日記1(ぜんせー家の丸一日)

こんにちわ!

コロナ、殺人的暑さ、不景気な週末、いかがお過ごしでしょうか。

 

陸上レッスンに行ってきました。今回はたっちゃんも参加です。めちゃくちゃ暑い日が続くので熱中症に最大限注意します。

 

二人とも100mを基準に指導を受けています。大事なのは歩幅、足の回転数だそうです。イッチーは歩幅は大きいけど回転数が低い(足を速く動かせない)。たっちゃんは回転数は高いけど、歩幅が小さいです。

 

神経系トレーニングを集中的にやっています。掛け声によって頭、お尻、ひざをタッチして地面に置いてあるコーンをキャッチするトレーニングです。

 

イッチーの方が素早いですね。

 

スタートダッシュの練習です。コーチは記録保持者なのでハンパない力強さです。

 

子供達は理屈では理解するんですが・・

 

なんかやっぱり違う。繰り返し繰り返し覚えていくしかないでしょう。

 

テニスや他のスポーツではたっちゃんがイッチーを凌ぐ場面が多いですが、陸上に至っては年齢差もあるのか、イッチーのほうが総じて能力が上です。

 

コーチ陣営はアタリだと思いました。レッスン外でのアシストもしてくれるし、そもそもが小学校の教員なので子供の誘導がめっちゃウマイです。手放しで任せられそうです。早速継続的なレッスンをお願いしました。絶対結果を出しますって意気込んでくれました。

 

レッスン後はお昼ご飯を食べにトンカツのマイセンに行きました。

 

しかしコイツはやっぱりエビフライしか食べません。

 

新宿にやってきました。週末なのに人が少ないですね。コロナだからでしょうか。

 

紀伊國屋の抹茶カフェが閉店してしまいました。おいしかったのに・・。コロナめ!

 

シューズを買いに来ました。陸上用シューズは量販店での取り扱いが乏しいので専門店で買う必要があります。

 

どういったものを選んで良いのか分からなくても店員さんがいろいろ教えてくれます。リアル店舗での買い物はやっぱり楽しいですね。

 

イッチーは陸上を好きになったようです。おそらくお友達との鬼ごっこで、”常時、鬼”っていうポジションから脱却できたことによるものでしょう。テニスがいくらうまくなっても小学校では友達と比較できず、成長できたっていう実感が湧かないんでしょうね。

 

たっちゃんの、ちんちんつまむクセを直させないとなぁ。気が付けばちんちんつまんでるのよコイツ。

 

新宿東口のパールレディというクレープ屋さんでタピオカを買います。タピオカマニアの妻マッキーによると、「なんだかんだ言って、ここのタピオカが一番おいしい」らしいです。

 

イッチーのテニススクールのレッスンに家族みんなで行きました。コーチに指導されたことが全然実践できていないです。そもそもテニスって難易度高いんでしょうがないのかなって思うんですが、見てるとイライラしちゃってボクの精神がもちません。

 

次にみんな大好き、アキバヨドバシに行きました。オシャレ靴を買ってやりました。最近勉強がんばってるし、素直になったので良いかなと。1900円だし。

 

たっちゃんサイズの陸上用シューズは取り扱い自体がないため、普通のシューズにしました。瞬速シリーズです。

 

シリーズの中でも走りに特化したモデルにしました。ゴムスパイク付きです。

 

ボクもスニーカーを新調しました。職場でも違和感ないシンプルなモデルにしました。ウチ、全員揃って靴好きなんすよね。

 

居酒屋で夜ご飯を食べました。

 

TKG一杯を全員で分けて食べました。

 

ようやく帰路につきました。疲れたから休もうと思ったら次は愛犬セナちゃんの相手しなくちゃなりません。

 

そのあとは約束していた「パパ講義」を行いました。ここは我が家の自習室です。ホワイトボードを使ってテーマごとにボクが子供達に講義を開きます。今回は「ポルシェとbBの事故による、公道の危険性」をテーマに教えました。最初に予備知識を与え、事故の瞬間の動画も見せました。

 

一瞬のミスやオーバースピードで人生が崩壊するリスクが公道には存在すると教えました。車内で叫んだりケンカしたりドライバーの集中力を削ぐ行為はしてはいけないと教えました。ちなみにイッチーが座ってるチェアはミート君からパクったものです。

また今回のポルシェのように、人に恐怖心を与えるような走り方をする人間にはなってはいけないとも説きました。

 

もうひとつ、本日をもってキックスクーターを禁止するという通達を出しました。小学校三年生がキックスクーターでクルマにひかれてしまった事故を受けての措置です。あらかじめ知識を与えておいたのでぶーたれることもなく受け入れていました。今回の講義は食い付きがよかったです。

ボクは子供の楽しみを奪いますが、それ以上に多くの新しい事を与えようと心がけています。愛情を持って奪う。子供は理解してくれるものです。

 

翌日。ドトールで朝食。今日はマッキーの誕生日です。祝ってやらないとなりません。続く。

おすすめの記事