子供達の夏休み - 娯楽ナシ。勉強と食事制限と体作り

猛暑の中、陸上レッスンに行ってきましたー。

 

今日はいつもと違う競技場です。代々木公園です。無料です。

 

活気あるねぇ。すれ違う競技者の多くがコーチに挨拶してくるんでビビりました。

 

今日からは精神も鍛えていくとコーチ陣から宣言がありました。言葉使いの指導もバシバシ入ります。コーチ陣営は二人ともボクと一緒の神奈川県出身。地元トークで盛り上がります。

 

ストレッチから、

 

コーチのやり方を真似て、

 

なかなかよい。

 

陸上レッスンはこまめに休憩が入ります。最大のパフォーマンスを出すためにはしっかり休憩をとる。

 

前半は神経系トレーニングをみっちりやります。

 

小学校低学年はまだ体が作られてないのでふにゃふにゃなっちゃうのはしょうがないらしいです。

 

さぁトラックに入りましょう。

 

走り込みです。

 

今日は100mの測定です。

 

うーん・・たっちゃんのほうが速い・・。

 

こいつ・・悔しいって思いあるのかな・・。悔しさ感じないと成長はないな。

 

休憩、指導を経て、更に計測します。

 

2本目スタート。

 

イッチーの手がお化けになっちゃうんだよなぁ。

 

こいつもバテてくると摩訶不思議なフォーム。小学校低学年で100mは相当しんどいようですね。学校の基準は50mだからね。でもウチは100mでやる。

 

たっちゃんは目標タイムを切れなかったので再挑戦したいと言いましたが、イッチーは逃げ腰。性格出ますねぇ。

 

やる気ある子はどんどん一人でやらせます。イッチーはコーチからモチベーションコントロールの指導が入ってました。

 

今度はたっちゃんだけ並走指導。

 

やっぱり指導者が一緒にやると子供は追随しようとしますね。

 

おぉ、キレイなフォームになった。

 

やっぱり反り返っちゃうなぁ。髪短く切ってやんねえと。

 

置いてけぼりのイッチーも気を取り直して参加。ちゃんと下向けてる。

 

もう一度競争。
 

やっぱたっちゃんの方が速い・・

 

しっかり休憩を挟んでから再度走り方の指導です。

 

ストップウォッチを離さず、常に計測していました。陸上は非常にロジカルです。

 

目下課題はイッチーですね。体が硬く、極端に筋力が足りない。そういうのが「私は人より劣ってて当たり前」という考えにつながってしまいます。だから競争しようとしない。悔しがらない。それらが成長しようとするマインドを阻害します。それでは受験に勝てる気がしない。なんとか今、変化を起こさせねば。ボク焦っています。

 

猛暑の中、2時間ものハードなレッスンが終了しました。練習は完璧に管理されており、体調を崩さず終える事ができました。

 

コーチ達とご飯を食べに行きました。

 

その後会議室を使って勉強会を行いました。

 

スポーツの心理的効果や

 

スポーツと学力の相関性。などなど

 

子供達とコーチ陣が面談。向こう三カ月の目標設定を行います。

コーチ陣は、子供達の性格や動き、どこの筋肉が弱いかの分析が完了したと言っていました。これから子供のステータスに応じた練習メニューを構築していくそうです。特に精神部分を鍛える必要があるというのが親と共通認識でした。非常に専門性が高く、能動的な動きをしてくれるので不安がありません。素晴らしいです。

 

学校の種目となると食いつきがいいですね。あの子より強くなりたいっていう想いは死んでいないのかも。追い越せるっていう可能性を示してあげる事が重要なんだなぁと思いました。

 

学校の体力測定項目を参考に目標値を考えます。

握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、20mシャトルラン、50m走、立ち幅跳び、ソフトボール投げ

の項目ですね。

これらのレベルを全項目、1段階アップを目指します。イッチーは100m、15秒台を目標にします。

 

たっちゃんはまだ小さいなりによくがんばっているので報酬を与えてあげます。

 

またWRXを買いました。めちゃ嬉しそうですね。大人扱いしちゃう時もあるけど、まだまだ子供だという事を親もしっかり認識しないとダメですね。

 

勉強もがんばってます。たっちゃんは勉強に入るまでがウダウダなんですが、一度問題に取り組み始めると高い集中力を発揮します。イッチーは常に注意力散漫です。スポーツにもその傾向が表れています。

 

子供の夏休みの間は集中的にトレーニングを入れています。意識改革、体質改善、今しかないぜ。

おすすめの記事