東京の日常 - 基礎トレ

今日も練習でしたー。

 

実は神奈川競技場で練習を行った翌日、イッチーが発熱で学校休んだんですよ。実際は単なる筋肉痛です。おそらく今まで使った事のない筋肉が急に起こされたためでしょう。学校休むのはよくないけど、長期視点で言えば良い傾向でしょうか。

 

腹筋。制限時間内にどれだけできるかです。

 

イッチーは確実に速くなっています。自己ベスト回数を超えると喜びますね。

 

骨盤歩き。

 

走り込み。

 

コーチ服部君は試合前の調整を行っていました。子供たちに見学させてやりました。つうか陸上競技場、人がすごいです。

 

持久力、シナプス増強のためにしばらくは基礎トレです。既にボクでも追い付けない項目が出てきています。やべぇ、オレもがんばらないと。

 

帰りはファミレスに行きました。まぁいいや。たまにはこういうのも食べさせてやろう。そういえば最も体に変化があるのはボクです。だいぶ痩せました。ファスティング(1日断食)からだいぶ体がリセットされた感じです。ちょっと無理して食べないとな。

 

イッチーは思考が変わりましたね。メニューに書かれているカロリーをよく観察しています。今まで自分が食べてたのがいかに高カロリー食だったか理解したようです。偉いというか、スゴイ変化だと思いました。

ボク思ったんすけどね。たっちゃんもイッチーもやたらタイムを気にするんですよ。カロリーとかもね。どうやら数字として表せるものは子供にとって理解しやすいのかもしれません。
そういう意味では何にも集中できない子にとって、陸上は良い選択かもしれません。なんせぜーんぶ数字管理ですから。練習や食事規制を嫌わないのはスグに結果が数字に反映されるからかも。子供にとってはゲームのレベル上げみたいなもんか。

 

サラダバーはいつもイッチーが用意してくれます。ボクがパンから食べようとすると、イッチーから注意が入ります。「パパ、まずサラダから食べて」と。オレが教えたんだけどな。

ちなみにたっちゃんも「最近コーラ飲みたくない」って言うところを見ると、鉄の心を持って規制してきてよかったって思います。

 

パンを食べてご満悦です。大量摂取が問題なのであって、炭水化物も大事なエネルギーです。

お腹がぽっこりし始めた時はどうしようかって焦りました。子供で肥満体質ってありえないだろって。親の管理の重要さを知りました。子供に自由はいらない。自由は孤独。管理は愛。

イッチーは本当に変わりました。体もスッキリしたし、最近は勉強のスケジュールも自分で組み立てて実行するようになってきてるっぽいです。全国模試で良い結果が出る事を願っています。

おすすめの記事