ぜんせー。ベトナムへゆくぅー

日本から約6時間。ベトナムにいます。「Vietnam」でアメリカ英語だとTレスサウンドになるから、ヴィエナムっていう発音になるね。どうでもいいね。

来た理由は様々だよ。でも多分、ボクはベトナムに進出するだろう。今回はその準備でもあるし、視察でもある。ボクはアメリカが好きだけど、ビジネスの最適解がアメリカにあるとは思っていない。だからボクはここにいる。目に不自由があっても、体が万全じゃなくてもいるべきところにいよう。

知識人ならもう限界を感じてるはずだ。この日本に。高騰する人件費。伴わない能力。圧迫される利益。厳しくなるクライアント要求。しかしだからこそまだチャンスは日本にあるとも言える。ニーズがあるところに供給を促す。ビジネスの基本だろ。問題はリソースをどこから調達するかだ。

さぁて、ベトナムだけどね。年々高騰傾向にあるけど、まだ人件費は安いと言える。それに応じた民度ではあるけれど、一部の層は大学を出て、世界で戦える力を持つ。ちなみにボクの会社でいうところのオペレーターに近い職種は同じクオリティでもベトナム人は日本人の3分の1以下の給料でこなす。つまり単純労働に近い職種は可能な限り安い人材に置き換えていこうっていうことだ。

これは何も難しいことじゃない。別に日本にいたまま外国人労働力を調達することができるからね。本質はもっと先にある。

毎年採用している新卒。会社の未来を担う重要な若者たちだけど、その数は急激な低下傾向にある。少ないパイを取り合うため、企業は激しい新卒獲得合戦を繰り広げ、伴わない賃金の増加と、労働者の勘違い(声がたくさんかかるため、自分に能力があると思ってしまう)を生み出してしまう。

実際に「A社は300万、B社は400万、さぁ御社はいくらボクに提示する?」というようなオークション形式で面接に臨んでくる求職者が増加しているんだ。転職という人生における重要な局面を目先の金だけで決めてしまう人は容易にお金だけで他社に流れる傾向にある。こういう人に成長させてあげるための人材投資は不可能だ。ならばそれ相応の能力とコミットメントを求めるが、こういう人に限って希望報酬に能力が伴っていないケースが大半だ。

つまり何が言いたいかというと・・日本の求人市場は既に崩壊しているってことだ。そしてこの事実は保守派の大手企業であればあるほど認知していない。そういう企業はストレスフルな職場環境で高圧的に仕事を押し付け、そして人は流出する。その穴埋めをボクのようなベンチャー企業に依頼してくるケースは実に多い。人を消費対象として見るのなら、ボクは名の通った大企業であっても喜んで取引を停止しよう。利益は大事だが、それを作り出す人材が最も重要だということを忘れてはならないのだ。

さて、仮に求人市場が崩壊しているとするならば、その補填はどこからかすねばなるまい。願わくは旧来の日本スタイルのように実直で、仕事と向き合い、よそ見をしない人間に出会いたい。もしかするとベトナムはその最適解になりうる。長期視点で見れば人材投資から得られるリターンは日本人よりも外国人のほうが良いということだ。
 
 
 

さ、ベトナムリポートいってみよぅ。

空港。出待ちする人々。空港の中にローカルな人々は入れないんだね。

ナイトクラブがひしめくエリアはとっても活気があるよ。

欧米系の人々が多い印象だ。この時間はヒャッハー組ばかりだね。

5つ星のホテルでも1泊8000円程度なんだ。物価が安いのはありがたいね。ベトナムの気候はとても暖かい。目と体を休めるにはうってつけの環境さ。

ジムで運動をするよ。自律神経に運動はとっても良いんだ。ランニングして筋トレした後、目が幾分楽になる。

現地にも仲間がいるんだ。バーで軽く情報交換をしたよ。現地のビール、「バーバーバー」って言うんだ。3が現地語で”バー”だからバーバーバー。三人分注文すると「バーバーバーバー」って言えば、バーバーバービールを3つくれって意味になる。

横断歩道を歩いたってね、歩行者優先なんていう考えないよ。いつでもバイクの波が襲ってくる。

現地の料理。おいしいよ。全部パクチー抜きにしたけどね。

シェアオフィス大手、WeWorkを訪問。ベトナムは社会主義国家で法人を設立するにもいろいろ手間がかかる。日本やアメリカ、香港のようにはいかないよ。まずはこういうインフラが整ったオフィス環境を借りたほうがビジネスはスタートしやすい。

スタバもあるけど、現地人には高くて手が出せないようだ。人もまばらだね。まだまだこの国は世界に開かれていない。マクドナルドの進出もほんの数年前さ。

ある程度仕事は仲間に任せてボクは休養をもらった。暖かい気候、活気ある街、新しい可能性。こういう環境に身をおいただけでボクの目はグっとよくなった。傷ついた自律神経をいち早く修復し、100%の力で仕事に復帰したい。

ホテルのルームサービスだ。ホテルは英語が通じるから気が楽さ。しかしローカルエリアは驚くほどに英語は通じないよ。ちなみに多言語を話すだけで給料は倍以上変わったりするんだ。日本語話者も一定数いるけれど、昔に比べると日本語の人気は低迷しているよ。

あぁ。やっちまったよ。パクチー抜きを言い忘れたらこのざまだ。まんべんなく配されるパクチー。このピザはもう食べられない。

部屋も視察したんだ。これは高級マンションの類だね。

プール設備も整ってて、3LDKでなんと家賃8万円!カリフォルニアの部屋はワンベットルーム、プール無しで26万円!うーん・・国が変われば物価も変わる。味も変わる。つまり、君を形成する常識そのものが変わるのだ。わかるだろぅ、所詮、ボクらの持つ常識なんて狭き考えの一つってことよ。

ショッピングモールは巨大だね。日系のお店も多いよ。

ベトナム通貨は”ドン”。桁数が多くてよくわかんないんだよね。20000ドンでさえ日本円に換算すると100円の価値しかない。

やれやれ。やっちまったよ。視界不良でな、階段から滑り落ちたよ。この痛みは捻挫で間違いない。片目に加えて片足すら損傷か。どこまで落ちるんだオレ。まぁいい、帰るとするか。極寒の日本にな。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事