洗車マニアのぜんせーです。

メルセデスSクラス W221型 BRABUSフルコンプリート B8のディテーリングを行いました。

 

B8は内装がよりリッチに仕立てられ、専用のエアロ、アルミホイールでデザインされています。エンジンにも手が入っていますが、おそらくライトコンピューターチューンだと思います。

 

例え古い型式であったとしても、フラッグシップとして作られたベース品質は健在で、非常に上質なフィーリングを感じます。ウッドパネルはすべてカーボンに変更されていて、ステアリング・シート・ドア内張りはブラバスファインレザーで張り替えられています。上質で、頑丈で、心地よいです。

 

W221もすでに経年車の扱いになるでしょう。ホイールの裏側はブレーキダストがこびりついています。通常の洗車では落とせないのでホイールを外して洗浄を行いました。

 

ブレーキキャリパーは赤色になっていますが、単純に塗装しているだけなのか、専用のブラバスチューンのものかどうかは分かりません。

 

ホイールボルトのサビもキレイに落とします。サンポールは安価で高い効果を発揮してくれます。しかし、サビを落とした状態だけではまたすぐに酸化が始まります。クリヤ塗装などをするとサビを恒久的に防ぐ事ができるでしょう。

 

経年車とはいえ、w126やw124のように80、90年代車よりはずっと現代らしく、塗装の劣化はほとんど認められません。よって、汚れが落としやすく、すぐに輝きが戻ってきました。

 

 

w140という一つの頂点を迎え、次のw220で大きく方向転換をしたメルセデスですが、このw221は往年の名車w126やw140のフィーリングをうまく再現しています。
私はブラバスの永遠のファンです。メルセデスフラッグシップにさえ満足できないエグゼクティブオーナーのためにブラバス社は存在しています。高い技術で仕立てられたブラバスチューンW221Sクラス。今までもこれからも素晴らしいクルマで在り続けるでしょう。

 

今回はボディ洗浄&ホイール洗浄を28分の動画でまとめました。動画は2部作になります。次回は磨き、エンジンルーム、インテリア洗浄をお届けしたいと思います。

ご視聴ありがとうございました。