ガレージのシャッターを修理してもらった。片方のシャッターがひどく重く、もう片方のシャッターはゆるゆるというチグハグ仕様のガレージ。文化シヤッターのエンジニアの方に修理をしてもらいました。

そうとう古いシャッターのようです。シャッターってすごく高価な設備なんですよね。だから修理できるところはするべきですよね。

分解されるシャッター。

シャフトが曲がっていますね。このパーツを交換して治りました。シャッターは常に開け閉めするのでストレスがだいぶ緩和されました。いいんです古くても。自分で作り込んだガレージは愛着があるものです。