FUJIのフラッグシップX-T2を購入してみた!

久しぶりに大きな買い物をした。

FUJIFILMのフラッグシップ機。X-T2だ。いぇい。

もう一つのフラッグシップ機、X-PRO2も手中にあるぜ。値段的にはX-PRO2のほうが高いが、後継のX-T2のほうがスペックが高いという事実が許せなくて買ってしまったでござる。

うーん。FUJIの支配欲をくすぐるマーケティング手法にやられたぜ。と、思ったらファームウェアアップデートで両機とも同等スペックになったでござる。やられた感×2だぜ。

でもX-T2にしかできないスタイルがある。こうやってバッテリーグリップを付けるとちょっとドヤれる系のカメラに変身する。これ、単なるバッテリーグリップじゃない。ブーストモードを備えてて、いろいろ機能がパワーアップするんやで。だからこのグリップだけで3万もするんやで。


FUJIのカメラはこの質実剛健なところがお気に入り。Gクラスに通ずるところだよねー。


第一ショット。何が違うって?うむ。ボクにも違いは分からぬ。

Canonのフルセットが棚に眠っているけどFUJIのサイズに慣れたらもう戻れないよな。フルサイズ機の重量、異常だもの・・

トマトすき焼きちゅうものを食べたんだけど、まぁ誰がどうみてもトマトすき焼きだよな。旨すぎてハマりそうだぜ。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事