マセラティ・グランツーリスモのノーマル車高をなんとかしてみた

マセラティ・グランツーリスモの車高はノーマルだとだいぶ高いです。特にグランツのスタイルはシュッとしているので、ホイールとボディとの差が開きすぎているとちょっと・・

ほら、こんなに空いてる・・

ほら、こんなに・・

まぁーこれでも悪くはないけど、でもやっぱりこの車高なんとかしたいよね。というわけでローダウンしてみることに。単純に落とすだけだとキャンバーついちゃって中に入り込んでしまうので、スペーサーも必須だよ。ほんとはKWの車高調入れようと思ったんだけど、4本で70万円ナリ・・。いや高けえよ・・。なので今回はスプリングだけでやってみたよ。

パーツ注文して、ディーラーに入庫。普通ディーラーでローダウンカスタムなんてしてくれないけど、イタ車ディーラー、特にマセラティはレギュレーションが緩いっぽいよ。まぁそりゃそうだよな。国産ディーラーみたいに待ってりゃ売れてくけど、マセラティはそうもいかない。少ない顧客の要望に対応する必要があるのかもね。

んで数日後・・・

はぃどーーーん!

落ちただろー。車高落ちただろー。めっちゃかっこよくなっただろー!やっぱイタ車はこうでないとな。でもなんだろう、心なしかリア下がりな感じもしなくない。

でも真横から見るとそうでもないな。しかしかっちぇぇマセグランツぅ!

ホイールも大口径のに変えようか悩むけど、純正のコレ、BBSだしね。あえて変える必要もないか。しかしマフラーはもう一度交換したい。現状、センターだけの交換なんだけど、高回転まで回すと音が消えていくよ。これを解決するにはどうすればいいんだろうなぁ。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事