東京の日常 - 渋谷でさかな釣り

先日の続きなんですがね。

夕飯は魚釣って食べれるお店に行くことになりますた。渋谷です。

 

繁華街にあるここ。

 

予約必要ないだろって思ってたけど、一応しておいた。コロナショックで渋谷はがらんとしてるし。と、思ったらにぎわっててビビッた。

 

こうやって店んなかに釣り堀があるっすよ。釣れたら塩焼とか、フライとか選んでオーダーできるっす。さっそく釣ってみるっす。結構むずかしそう。

 

あらやだ簡単に釣れたわ。

 

たっちゃんに持たせてやった。

 

釣れたらタイコが鳴って店員さんが一本締めしてくれるっすよ。「うぉぉー釣ったぜー!」ってたっちゃん。ま、お前釣ってないけど。

 

小さい池では小型の魚が釣れます。エサ無しのいかつい針で魚の腹ぶっさして釣れっていう説明見て、ちょっとそれ残酷じゃない?魚だって生きてるんだぜ。

 

あ、うん躊躇なく刺した。

 

イッチーはうまく釣れないからすくい取る方に逃げた。

 

三匹すくえましたー。うち2匹はオレがすくったー。

 

彼らはこうなってしまいました・・

 

君からはまだ生を感じる。

 

食べます。

 

ん?

 

んー。これ、まずいね。なんせこの二人は幼少期からフグ・カニ・ウニ・フカヒレが主食だからな。

 

ボクも食べます。

んー・・なるほど。魚って新鮮が一番ウマイってワケじゃないんだ。

 

子供達は釣りそのものが楽しい様子。しかしボクはすっかりやる気を失くした。

 

店員さんの助けを借りて釣れたようです。オレには分かる、コイツのこの顔、ビビってるね魚に。完全にこいつ、シティボーイだよ。

 

釣りって楽しいんだね。でもオレ思ったんだけどさ、釣りの極意なんて分からないけど、みんなキャッキャしながら釣り竿振り回すのよ。その先には結構大きな針がついてるのよ。いいんだっけそれで。昔、親父に針には気をつけろって教えられた気がするんだよね。

ちゅうわけでがらんとした渋谷を後にしました。いやー、やっぱり飛び回る針先が気になっちゃったし、若い子がキャーキャー叫びまくるから食べる事に集中できなかったよ。ここは観光客向けだな。エンタメ性には優れてる店だったよ。しかしね、泳いでる魚を釣って、その場で調理。とても新鮮なはずなのにどうして味が落ちてしまうんだろう。

 

ちゅうわけで銀座の高級寿司屋の板前さんに聞く。

味は落ちるよ。水だね。釣り堀は水が濁るからね。魚のストレスもあるし、産地によっても味は全然違う。魚もグレードによって取引されるんだ。

へぇーなるほど。

でも釣った時のさ、魚のパワーが手に伝わってくる感触はなんだか病みつきになるね。今度釣りでもやってみるかな。海は怖いからなぁー川かな。でも川はヘビとか出そうだし、じゃぁ湖かな。でも近場にはないなぁ。・・・あぁ、やっぱ釣りやめよう・・。

おすすめの記事