30後期アルファード本納車!日常使い最高のパートナー

元気100倍。ぜんせーです。

帰国しますた。羽田空港からそのままスーパーオートバックス東雲に行きましょう。ナビ取り付けをお願いしていたアルファードの引き取りです。

今まで一切薬が効かなかったのに、アメリカンドラッグのおかげか、今のところ花粉を感じません。

 
 

リニューアルしたスーパーオートバックス。書籍が多くなり、もはやカフェと化しています。心なしか客数が減ったよなぁ。昔の姿に戻って欲しいのぅ。

 
 

いつも面倒みてもらってるクルーさん達。ビックリな事にボクのブログ読んでくれてるんだって!嬉しいね。引き渡し前に洗車してくれたり、ガソリンがないから補充してくれたよ。

 
 

サイバーナビをインストールしますた。今んとこ操作性、視認性共にGOODです。ルーフモニターとフロントモニターの出し分けが可能なのに加えて、音声すらも分離してくれます。もちろんHDMI入力もOK。youtubeも流せるよ。

 
 

ルーフモニターは確か13インチだったかな。めっちゃ巨大です。画質もキレイ。もはやアルファード、家電だな。

 
 

簡単にアルファードを紹介

サンルーフオプションを付けました。後部座席は開放感抜群ですね。これは絶対付けたほうが良いオプションです。

 
 

うーむ。石を投げればアルファードに当たるくらい走りまくってますが、いざ所有すると満足感高いっすね。

 
 

大柄と思われがちですが、運転してみるとそうでもない。これぞ実用性の究極。トヨタマジック。

 
 

迫力満点。こう見ると輸入車勢のデザインはもはや保守的にすら見えるにょ。未来を行ってるのは日本が誇るトヨタなのかもしれない。

 
 

ボクのはSAパッケージです。よって本革仕様じゃありません。別に本革なんていらねーよって思ってたんですが、いざ乗り降りすると、シートが擦れます。これだと劣化が早くなる予感。社外のレザーカバーでも付けようかなぁ。

 
 

中は広大ですね。SAパッケージはセンターコンソールも小さいので前席から後部座席に移動するのも楽です。子供が小さいファミリーユースの場合、あえて安いSAパッケージを選ぶのも手です。

 
 

 
SAパッケージだからできる事。助手席スーパーロングスライド。これ好き。

 
 

めっちゃ広いっちゅうねん。フロアマットがないっちゅうねん。

 
 

全体的に質感高いです。こりゃもう高級車ですのう。

 
 

ステアリングもウッドのコンビがよかったんですが、SAパッケージだとレザー仕様です。でも太さもちょうどいいし、満足です。

 
 

ドリンクホルダーの位置もジャストなところに。よく考えられてるなぁって感じます。徹底的なマーケティングの先に、一級工業品が出来上がるんですねえ。

 
 

よく使うカメラたち。NBOXだと置く場所がなくてあっちへ転がり、こっちへ転がり。

 
 

あらやだ。カメラ用のセンターコンソールだったのね。サクっと取り出してパシャ。ぽーんと仕舞う。アルファードSAパケ・・完璧や・・

アルファードの走行フィール

エンジンサウンド

ボクのは2.5リッターCVTです。エンジンノイズは結構聞こえます。あまり良いフィールじゃありません。

3.5と2.5どっちが良いのか論争

これねぇ。難しいよね。3.5もボク乗ったんすけどね、ありゃぁ馬力もトルクも素晴らしいですよ。でも選んだのは2.5リッタです。非力かと思うじゃないですか。まぁ非力っちゃぁ非力です。でも我慢できないワケじゃないのよ。しかも踏めば意図した通りに加速もしてくれる。なんつーのかな、誰が乗っても満足するんじゃなくて、誰が乗っても不満がないっていうのかな。見事なセッティングだなぁって思うよ。いかに万人に受けるクルマを作るか。そういう意図が感じ取れるのよ。トヨタってすげえよなぁ。んで、ボクの印象。2.5リッターは過不足ない日常使い。3.5リッターは日常使いに少しの余裕を。って感じかな。

こんな考え方もある。2.5がオススメな理由

街乗りでは間違いなく3.5の力は必要ない。そして高速道路を自動運転アシストメインで走ろうとする場合、その力を堪能する機会も少ないはずだ。高速移動も、渋滞も、新型アルファードの自動運転アシストはほとんどのアクセルとブレーキ操作から解放してくれる。

ステアフィールがしっとり

いやスゴイよ。とろーーっとしたステアリングフィール。実にスムーズ。高級車運転してる感じ。重さも絶妙。軽すぎず重すぎず。いやマジすごい。

高速も、コーナーも怖くない

まじで感動した。10系乗ってた時は怖かったけど、これもうほとんどセダンのレベル。ちゃんと曲がるし、フラつくこともない。

剛性、安心感、取り回し

意外にもドアは重厚。守られてる感あり。非常に落ち着いて運転できるし、小回りに困る事もない。もちろんボディのキシミ音なんてのもナシ。

運転アシスト機能の性能

なんでボクが最新アルファードを選んだか。それはこの自動運転アシスト機能。はいビックリ。以前乗っていたメルセデスベンツ AMG E43の自動運転アシストと遜色なし!と、いうかもはやアルファードの方が優れている印象。結構強めに聞くし、ブレーキングもスムーズ。レーンキープの精度も高い。

アルファードへのカスタム欲

まったくない。人気車ゆえモデルチェンジも活発だし、たびたび入るマイナーチェンジ。愛着は湧きずらい。でも同型が巷にあふれるから、差別化としてなら少し手を加えたい。アルミホイールくらいかな。

アルファード。まさにカーギーク潰し

多人数が高い次元で長距離移動を可能にするアルファード。性能の良い自動運転アシスト。過不足ない馬力。高級車さながらのステアリングフィール。取り回しの良さ。カッコよさ。乗って数日、もう悪い所が見当たりましぇん・・。日常使いはアルファード、もう君だけで良い。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事