飽和するアヴェンタドールの中古市場

スーパーなクルマがスーパーな存在であり続けるためにはリセールバリューは重要だ。それはキャッシュのロスというより、乗る意味の喪失につながりかねない。

アヴェンタドールSVJの注文が完了し、あとは納車を待つばかり。来年の春先には来るんじゃないかと予想する。これでアヴェンタSロドスタをずっと所有しているワケにはいかなくなった。2台持てれば素晴らしいけれど、果たして2台必要かと思うところもある。

ここ最近、よくディーラーに足を運んでいたんだけど、少し気になることがあった。展示車両が入れ替わらず、ストック車両が増えていることだ。カーセンサーに至ってはクーペ、ロドスタを合わせると100台近くが出品されている。

以前がどのくらいだったか。データとして持っているわけじゃないけど、体感的にもう少し少なかった印象。確かに休日にはよくアヴェンタを見るし、遠くないひと昔前に比べて珍しい存在ではなくなっているように思える。

いろいろヒアリングをしてみた。やはり客の反応は鈍いようだ。アヴェンタドールよりむしろウラカン、ウルスが活発な様子。5000万円越えのアヴェンタドールは鈍く、3千万円台のウラカン、ウルスは大いに結構ということか。

しかしその中でもSVの中古車への動きが活発なようだ。おそらくSVJを逃した層がSVで妥協していると予想。SVは前型とはいえ値段は安定しており、やはりフラッグシップのスペシャルモデルという強さが見られる。

悲惨なのはアヴェンタS。値段帯は高額なまま、量産型ゆえプレミア感がない。ここにSVJ購入のためにSを保有していた層が一気に売りに流れる。こうなると値段を落とさなければ売り抜けられない状況に陥る。そして委託販売が多い高額車両はオーナーが値下げを渋る。こうして市場は飽和していくのか。いや、しかしこの流れ、SVJが原因とも思えない。おそらく販売数が飛躍的に増加した結果とも言えるのではないか。アヴェンタドールは純粋にクルマとして評価して買う層のほかに、一時の利益先送りのために買う層も多く含まれている。いろいろな思惑で購入され、その役目を終えたアヴェンタドールが続々と売りに出され、新車オーダーから納車までのリードタイムがグッと縮まった今、シビアな中古車購入層は新車価格と大差ない中古アヴェンタに魅力を感じなくなっている可能性もある。

中古車は数が多ければプレミア感は喪失し、値段は落ちる一方。そして中古車購入層はある一定ラインを超えると急激に購入意欲が失せる。1千万の壁、2千万の壁、3千万の壁のように。5千万円、4千万円台の量産型アヴェンタドールSに流れるくらいなら3千万台のLP700に流れるユーザーが多くなるかもしれない。こうしてSも堅調な値下がりにつながり、次期型が登場した暁には更に値をガクンと落とすかもしれない。アヴェンタはディアブロのような存在にはなれないのか。

この傾向はマクラーレンにも見られるようだ。値落ち幅はユーザーが怒りを覚えるほどだとも。スーパーカー全体の流通量が多くなったのは嘘ではないのだろう。なんだかこの数年がプチスーパーカーブームだったようにも思える。かつてのスパカ仲間が夢から覚めたように降りる人がここ最近多いし。以前数十名のスパカ仲間で形成していたグループチャットも今じゃ数名のレギュラーメンバーだけになった。これは何を意味するのか。

増産し、売らなければメーカーとして生き残れない。でも増えすぎればブランド価値を落とす。このバランスがとても難しいんだろう。もはやランボルギーニはマニアが好むメーカーではなく、一般に広く受け入れられるブランドになった。SVJ購入で少し浮かれていたボクも今じゃ冷めた想いだ。飽きたとも言えるかもしない。いや、飽きたと言いたいがために市場が飽和したという事実を作りたいだけかもしれない。要はもうスーパーなカテゴリにあるクルマ全体がどうでもよい存在になりつつあるということだ。あぁ虚無。次にボクは何を目指せばいいのだろう。

コメント一覧
  1. fen46 より:

    ほんとだ、114台もありますねー。
    確かに少し前に比べると異常に多い。
    といってもマイチェン前後もSVも同じ
    カテゴリーにしてるカーセンサーもどう
    かと思いますけど。w

    ランボは新型登場と同時にくらいに
    街中で見かけるようになるのは考えた
    方がいいかもですね。フェラーリは新型
    発表から街中で見かけるまでに1年はかか
    る事も案外いい効果あるのかもですね。

    フェラーリはその辺り上手く納期を
    長くして調整してる感じはあります。
    488でクーペ&スパで登場3年で40台位。

    最近は新型は2年近い納期がスタンダード
    で、発表から3年で生産ストップ残り2年
    がスペシャルモデル生産期間で次期新型
    という流れのようなのと日本への割り当
    ては減少しつつあるように思います。

    • ぜんせー より:

      ちわっすG氏!そうなんすよ。たぶんアヴェンタは値崩れの予感。デリバリもある一時から急に早くなりましたしね。やはりフェラーリはブランド力、リセールともに鉄板ですのぅ。

  2. DUB より:

    いつも楽しく読ませて頂いています☆
    ひと昔前は超ド級のスーパーなクルマと言えばエンツォとヴェイロンの二本立てくらいで、それを除けばフェラーリ、ランボのV12モデルが世の中の頂点に君臨しているイメージでしたね。
    今ではAMG ONEやらアストンのヴァルキリーにマクラーレンのスピードテールとか超ド級がわんさかな時代になってしまってフェラーリ、ランボのV12モデルも頂点でなくなってしまったイメージなのが寂しいです。。。
    頂点だからこそ4000万5000万出してでも買う価値があるのにそれだけの超大金を出してもまだ上にド級のスーパーカーがわんさかいると買う気失せてしまう気が…
    メーカーのやり方も微妙ですね。。。

    • ぜんせー より:

      そうなんすよねぇー。結局アヴェンタゆうても、上にもたっくさんのクルマがあるからもはやスーパーなカテゴリにいないだろうって最近思うっす。かといって1億以上もクルマに突っ込めないし・・もうここらでボクは撤退かなって思いますぜ。

  3. SVJ より:

    SVJ納車前に冷めちゃいました?
    SVJクーペとSロードスターの
    aventador2台持ちしましょう!!

    • ぜんせー より:

      そうなの・・だいぶ冷め気味。SVJが来ても一瞬盛り上がるかもしれないけど、すぐ手放しちゃいそう・・Sロドスタは可能な限り早くEXITしたし・・

      • 匿名 より:

        直ぐに売却ですか~
        自分含めて周りはSVJはコレクション用として保存、
        Sは時期モデルまでの足車と考えている方が多いですよ。

        • ぜんせー より:

          なるほどー。コレクションですか、その発想がなかったですわ。ボクはそこまでランボに情熱なさそうです。でもSVJが来たらきたで気に入るんだとは思います

  4. のりのり より:

    ぜんせーさん、最後はクラシック…のような
    気がします。全く言う事をきかず、乗っているつもりが実は載せられいる、自身がボロボロになりながらも、なぜか愛着が湧き手離す事ができない。
    一瞬の中毒でしょうか笑
    ぜんせーさんがLP400あたりのクラシックを
    相棒にしている日記を見てみたいです。

    • ぜんせー より:

      あ、そうなの。以前は90年代のベンツが好きで乗ってたんだけど、最近そこに回帰しようか考えてた。ランボルギーニだとディアブロがやっぱり欲しいっすね。維持費やばそう・・

  5. 陵之介 より:

    ぜんせーさんお久しぶりです。

    私の場合は半強制的に購入させられた?(笑) Sに関しては既に売り抜けました。
    Aventador最後のというよりはランボルギーニのフラッグシップモデル最後のNAモデルという
    位置づけで私の場合はSVとSVJの2台は匿名さんも書かれておりましたが、コレクションの要素が
    高いです。

    ランボルギーニフラッグシップ最後のNAモデルであり、そのハードコアバージョンの限定車SVとSVJ
    なら損得は別として二台とも保有しようかといった感じです。

コメントを残す

関連キーワード

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事