アヴェンタドールSVJ売却記 - SVJにプレミアはつきます!

まぁだらだら書いてもしょうがない。SVJの売却契約を終えました。欲しいと言って頂いた方、この場を借りて言っておきます。シカトしてさーせん・・。さすがに額が額なのと、もろもろ手続きや海外渡航の関係上スピーディーに終わらせる必要があったので売却先はショップしか選択肢としてありませんでした。

さて、結果は・・プレミアつきました!

 

何をもってプレミアというか

つまりプレミアって買った時より売った時のほうが高いってことだと思うんすけど、クルマって車体価格と、税金などもろもろ諸費用が乗っかった総支払額っちゅうもんがあります。んで一般的に車体価格より上の値段が付けばプレミアがついたって言えるっぽいよ。

 
 

つまりボクのSVJの売却価格は車体価格を上回ったということ

うん、余裕で上回りましたね。なんなら税金などを加味した総支払額をも上回りました。アヴェンタの諸費用ってバカ高いからね・・これはもう完全なプレミア価格。誰だよーSVJにプレミア付かないとか言った人ー。持ってない人だろー。とはいえ事実、海外ディーラーではプレミアナシの価格で中古販売されているようです。しかしボクの場合は違いました。要は、プレミアがつくのは、今の今手に入れる事に付加価値を見出せるユーザーを抱えている業者さんと出会えるかにかかっています。

ボクのSVJにプレミアがついた事実。しかし一般市場では値落ちするSVJ。これらの事から言えることは・・・

オレはいつでもSVJに戻れる

 

ってことになるな。ひゃっはー!

 
 

しかしそれは限定的

今の時点でプレミアがついたSVJですが、おそらくそれは今の今ってことと、ほぼ新車状態だったからということと、なにより付加価値を見出してくれたお金持ちの人がいてくれたって事が言えます。続々納車が始まるSVJ。数か月もすればプレミアどころか、どんどん原価を割っていくことが予想されます。

 

お客さんを持っている業者さん強し

根気よく業者さんを探す必要があります。なんせ市場に溢れるアヴェンタドールですから、そこらへんに持ってってぽんと売れるものじゃぁありません。6千万円台にも及ぶ高価格帯の商品を買えるお客さんを持っている業者さんでないと在庫として抱えられないんですね。

 

委託販売はオススメしません

もしあなたが今後、高価格帯のスーパーカーを売却したい時、ほとんどの業者は委託販売を打診してくるでしょう。実際にボクがそういう状況でした。ディーラーでさえ。

この委託販売、業者さんはクルマを預かり、店に展示するスペースを作り、ネットに掲載します。成約となれば販売価格の何割かを利益として取ります。オーナー側は自分の言い値を張れるってことが最大のメリットですね。しかしですね・・相場を逸脱した価格は99%成約に至りません!

100円で買ったものを100円で売ろうたってそうはいきませぬ。まず買い手(ユーザー)はめちゃくちゃ賢いことを知っておくべきでしょう。市場を研究しており、相場を把握し、少しでもお得に買おうとしています。

つまり委託販売にしたところで相場以下でしか売れないワケです。そして委託であろうともしっかり業者さんに手数料を支払う必要があるので委託販売だから高く売れたってこともないのです。値付けの責任はオーナー側にあるので、設定に間違えがあるといつまで経っても売れない状況に陥ります。そうして時間が経過していくと、市場にライバル車両が増え、更に売れない状況に陥ります。そのリスクはすべてオーナーであるあなたに降り注ぎます。

なのでお客さんを持っており、多少目減りしても現金買取してくれる業者さんを探したほうがメリットが高いです。これはボクがSロードスター売却で失敗したことから学んだことです。委託に頼らず、自分の判断で買い取りしてくれる業者さんを探していれば大きな損失を被らずに済んだということです。

 

SVJのプレミアは付加価値が認められた事

一応SVJといっても、アヴェンタドールシリーズの特別版。持てる人は限られます。そしてまだ本格的な納車ラッシュを迎えていないんですね。つまりプレミアの対価は、早めにSVJを手にできるから他なりません。もし一台でも一般中古車市場にSVJが出回ると、一気にプレミア(対価)を支払う意味が失われる事につながります。

 

SVJは市場に出回るのか

SVJそのものは非常に魅力的なクルマです。それに間違いはないでしょう。それでも中古車市場に出回ることは必至です。なぜなら、SVJを手にする必須条件としてアヴェンタドールSの所有がマストであったことです。多くのSVJユーザーがアヴェンタドールSを所有しており、そのほとんどはSVJが来ればSを手放します。こうして中古車市場にSが溢れ、価格が下落していくのです。想定を超えた損失を被ったオーナーはSVJを早期に売却して損失を薄めようとするかもしれません。はたまた、ランボルギーニの市場評価額に不信感を頂き、離れてしまう可能性も高いですし、実際それは既に起こっています。

 

早期決断がカギ

Sロードスターを売ろうにも売れずいた時、ほんの1カ月で評価額が数百万も落ちたことに驚愕しました。何事も早期決断が重要です。「少し乗ってから売ろう」ではもう遅いのです。乗るなら乗る。売るならスグに売る。ビジネスと一緒です。

 

ボクは納車されて3日で売った!

だらだらとSVJ売却記を書いてるボクですが、実際は決断までに1日(この1日は死ぬほど悩んだけど)。商談成立まで3日しか要していません。男なら、さっさと腹をくくれってことです。

 

まぁね、ほんとはいろいろ書きたい事盛りだくさんなんだけど、どうしても発言に制限がかかってしまいます。もちろん誰に損失を与えたいワケでもないから黙っているけど、日本って情報規制厳しいし、やっぱ全部が狭いよな。全責任追ってるのオレなのに。やれやれ・・生きづらい世の中よのぅ。

 

とりあえず報告までですが、今後アヴェンタドールを降りた理由をちゃんとまとめようと思います。しっかしね・・無理だよ・・ロードスターからクーペに戻るのは・・。オレなんてSロードスター、閉じて走ったことなんてほぼないんだぜ。あとさ、納車された瞬間、海外生活っていう環境ももう無理がある・・ここらで限界でーす。

コメント一覧
  1. 俺ちゃん より:

    売れてよかったというのも失礼ですが、損をしないで良かったですね。
    ちょっとした知り合いもとあるスポーツカーに乗っていましたが、限定車が出ると聞いた瞬間に売却しました。
    「一円一銭でも高く売れた方が良いでしょ」と。
    ぜんせー さんのように手放す人もいればすぐにでも欲しいと言う方も居ますしね。
    私の住んでいる所は世界一有名になった某爆発原発の近くですが、こんな田舎でもアヴェンタドールやらウラカンやらアストンマーチン、果ては現行RRまで走っていますので、私もいつかはアヴェンタドール を買うのに頑張らなくては。

    でもAMG E60とか欲しいですw

  2. SVJ より:

    「STAP細胞はありま~す」的な(笑)
    SVJロードスターで戻ってくるのを待っています。
    こちらはSVJクーペで楽しんでますね~

  3. LEO より:

    ぜんせー様、

    初めまして!大学の3000 wordsの英論文で苦戦中に憧れのスーパーカーを検索していたらぜんせー様のブログにたどりつきました!アヴェンタドールを今までで3台も所有したことがあることに驚愕しました!本当に憧れです!

    私も将来スーパーカー(具体的にはフェラーリの458、、、でしたが最近の自身のネットの検索履歴を見るとアヴェンタドールに浮気しがちです(笑))が乗りたくて乗りたくて、所有を目標に大学受験や就活を頑張りました!

    、、、とは言ったものの、先ほどぜんせー様の「ランボルギーニ・アヴェンタドールはこうやって買え!オーナー達の真実に迫る!」を読んで、やはり起業家じゃないと難しいかぁ、、と少し落ち込んでしまいました、、(笑)

    起業ではないのですが、最近YouTubeでゲーム実況チャンネルを開設して、地道に動画をコツコツ出してなんとか305人の登録者を獲得しました。チャンネルをもっと大きくして、いつかチャンネルの収益化を可能にしてアヴェンタドールを買いたいという夢を見ています。

    ですが、やはりYouTubeでお金が稼げるようになるまで(ましてはアヴェンタドールを買うレベルの収益量)の道のりは果てしなく長く、時々動画作りのモチベーションが下がってしまうときがあります。ぜんせー様がアメリカで事業展開をするときに、きっと上記の私の悩みなんてかわいいと思えるレベルの苦戦、そして並み大抵ではない努力をなされて今のぜんせー様の成功があると思っております。

    もしよろしければ、ぜんせー様がアヴェンタドールを買うまでの道のりにおいて、「もう無理だ」と投げ出しそうになった時にどうやってそれを乗り越えたかを教えて頂けますでしょうか?これからのYouTube活動において是非参考にしたいと強く思っております。幼い頃からの「スーパーカーを所有する」という夢を、夢のまま終わらせたくないと今でも強く思っております。重ねて、もしよろしければ上記の私の質問にお答えして頂ければ幸いです。

    お忙しい中、長文大変失礼いたしました。

コメントを残す

関連キーワード
おすすめの記事