ランボルギーニ・アヴェンタドールS・ロードスターが納車されました

もう一度あるバイカーの言葉を借りようじゃないか。 
 
「バイクにはよぅ、2種類しかねぇんだよ。ハーレーとそれ以外だ。」 
 
わかるぜぇ。ハーレー乗りにとっちゃ、ハーレー以外の存在なんて全部一括り、どうでもいい存在ってことだろ。 
 
クルマも一緒さ。アヴェンタドールに憧れてしまった瞬間、もう君はクルマを2種類でしか語れねぇ。ハーレー乗りのようにな。あぁオレにもあったさ。アヴェンタに手が届かず、マセラティに走った時が。一生懸命グランツを正当化したよ。コイツが最高のクルマなんだってな。しかし知ってたよ。それが逃げってことをな。今乗ってるクルマを正当化しちゃぁいけねぇってことだ。本意ではないだろ?アヴェンタドールから逃げちゃダメだ。何かをがむしゃらに目指す行為こそが、人をチャンスに導く。 
 

ってどこかの小さな起業家がほざいてみるぜんせーです。 
 

さて、カリフォルニアから帰国したその日にアヴェンタドールを取りにいきますた。やれやれようやくだぜ。9ヶ月待ったよボク。ランボ麻布到着。何か居る。 
 

ほぅ。さすがオレの息子。ランボさえ侮辱できるその屈強な心。大志を抱けよ。 
 

在庫車がコロコロ変わるね。それだけ売れてるってことか。そろそろマイノリティではなくなってきたな。隣の誰かはランボ乗りかもしれぬ。 
 

納車のプレゼントだよ。 
 

1/18のオーダーしたアヴェンタと仕様が一緒の模型。これがまぁー良く出来てるのよ。 
 

 
 
な?すげーべ。撮り方によっちゃ実車と同じ様な写真が作れそう。 
 

担当のフクちゃんから花束贈呈!娘は足を骨折しててね、ギブスだから乗車は断念。 
 

納車式は最愛の家族とともに。そしてアヴェンタドールは長年連れ添った役員達に捧ぐ。オレをこのステージに押し上げてくれてありがとう。ここまで来た最大の要因は「オレ達は諦めなかった。」ただそれだけだよな。 
 

アヴェンタドールオーナーの証。キーを受け取るよ。 
 

さて、ボクはよくランボ麻布をネタにしてるけど、それはこのお店が好きなんだよ。いろいろスパカ系のお店に行ったけど、ランボ麻布が一番うちのスタイルに合うってこと。 
 

テスト走行している間に女性スタッフのカトーちゃんが遊んでくれたり、 
 

担当以外のセールスメンが子供と一緒に遊んでくれたり、 
 

営業時間が過ぎてても5才児さえもバーのように接してくれるんだぜ。彼らに接客サービスなんてないよ。彼らはただそうしたいからやってるだけなんだ。そういうカジュアルな文化がランボ麻布には根付いてる。型式通りの接客なんてつまんないだろ?媚びへつらう旧来の日本式接客サービスは捨てようぜもぅ。 
 

さぁて書きたいことはやまほどあるよ。それぐらいアヴェンタドールS・ロードスターは厄介者だ。今はまとめられてないから、ちょくちょく更新していくから見てくれよな。 
 

とりあえずルーフ開け締めのレクチャーをフクちゃんから受ける。これがまた複雑。いや慣れればいいんだけどね。 
 

パパパパーン。ボクとフクちゃん、初めての共同作業ぅー。 
 

息子よ。パパは一つやったよ。バットマンが好きだろ?バットモービル欲しいって言ったよな。すまん、それらしきものはアヴェンタドールしかなかったんだ。 
 

せめてより似せるためにエンジンフードさえブラックにしてやったぜ。 
 

ああオレもバットマンが大好きだ。悪を撲滅するために悪に手を染めるブルース・ウェインがな。 

「なんで穴なんかに落ちたんですかぼっちゃん?」 
 

「這い上がるためだろ?」 
 
そういう事をさらっと言える父親トーマス・ウェインのように早く成りたい。 
 

その日の夜、少し遅れた父の日のプレゼントをもらったよ。肩叩き券な。 
 

帰国後、初の家族だんらん。アヴェンタドールが納車されて、父の日のプレゼントをもらい、なんの贅沢もない食事。高価なレストランなんていらないよ。誰と一緒にそれを噛みしめるか。それが重要だ。

息子よ。人にやさしく。女子を守れ。そしてパパの屍を超えてゆくのだ。帝王学なんていらねえよ。かっこいい大人になるにはシンプルなこの3つだけ守っていればよい。 
 
 
 

ちゅうわけで、引っ張り続けたランボルギーニ・アヴェンタドールS・ロードスター、今納車となりました。実はあまり感動がなかったことをココに記しておきたい。やはり最大の喜びは1台目の納車だった。そろそろ次のステージに進もうじゃないかオレよ。家族と共に、仲間と共に、さぁランボルギーニを超えてゆこう。

コメント一覧
  1. ゲレンデ より:

    おめでとうございます!
    本当にカッコいいですね!!!
    アヴェンタドールS ロードスター楽しまれて下さい!

    • ぜんせー より:

      ありがとうございます!マットブラックなんですけどね、最初は色ムラ激しいなぁと思ったんですが数日経つと慣れてきていい味だしてますね。楽しむどころか夏のオープンは苦痛ですぅぅ

  2. しょう より:

    こんばんわ、納車おめでとうございます!ランボ2台目なんて羨ましすぎます。しかしその裏には数え切れない努力や苦労を乗り越えての物なんでしょうね!自分もスパカへの逆算人世歩んでいますがなかなかうまくいきません汗
    アメリカと日本の往復生活で身体を壊さぬようアベンタのインプレッションブログも楽しみにしています。

    • ぜんせー より:

      あざっす!アヴェンタなかなか乗るモチべが湧かず今んとこその辺を走るに留まってますよ。なんだかこうなると虚無感すら漂いますわ・・アメリカでがんばってるほうがよっぽど楽しいってもんすよ。これからも多くの苦難に見舞われれると思うのですが、応援よろぴく。

  3. とめぃと より:

    初めまして。
    こそーっと、ずーっと見ておりました。

    2台目のアヴェンタ納車おめでとう御座います。
    ぜんせーさんの様になりたく日々努力しております。
    スカパー購入出来たらご一緒させて下さい。

    体、壊さないよーに頑張って下さい!
    アヴェンタの記事楽しみにしております!

    • ぜんせー より:

      体のご心配ありがとうございまする。大丈夫ボクまだ元気。アヴェンタきましたー。是非堂々と、ずーっと見て下さいまし。しかしこの感動の薄さ、むしろそれに驚きっす。

  4. MM より:

    はじめまして。みんからからやって来ました。いつも楽しく拝見しております。マット仕様の洗車や雨天時の走行などはどうだれておりますか?

    • ぜんせー より:

      こんにちわ!見て頂いてありがとうございます。

      そうっすねぇ、マット塗装でもブラック以外はさほど気を使う必要はないようです。と、いうのも以前ボクが乗っていたのアヴェンタはマルーンアプスというややグレーがかった色。雨が降ってもムラにならず、皮脂がついてもさっと拭けば元通り。むしろメタリック系よりメンテが楽と思えるほどっす。

      しかし今回のマットブラックはちょっと違くて、少しでも触ると皮脂の汚れがムラのように目立ち、雨そのものは問題ないのですが、そのまま炎天下に放置し乾燥させてしまうとウォータースポットが激しく出来上がってしまうっす。先日少し雨に降られましたが、さっと拭き取るだけで元通りになったので放置さえしなければさほど問題ない模様。

      雨では乗らないようにと思ってますけど、急に降られればどうしようもないっすよね。ロードスターとはいえ、しっかりコーキングされてるんで雨漏りの心配はなさそうですたん。

      通常使用でも乗る前と乗ったあとの乾拭きは外せないっすね。まぁーめんどいっす。

      • MM より:

        ご丁寧な返信ありがとうございます。汚れの拭き取りの際にはどう言ったモノを使ってなさるのでしょうか?シャンプーやら研磨剤入りのモノは使わないと聞いたのですが、単純に水洗いから拭きなどになりますでしょうか?洗う際もしくは拭き取る際の布は特別な物をご使用でしょうか?

        • ぜんせー より:

          どもどもでーす!んーと、なんかディーラーから納車時に拭き取り用のウエスをもらいましたよ。でも普通に量販店に売っているようなフワフワしたウエスです。洗車は自分ではするなと念を押されたんで自分では洗ってないっす。洗車の際はマット塗装に対応できるお店で洗うようにと指示を受けていまつ。なのでどうやって洗うか詳細はボク分からないんですよ・・すみましぇん。今度洗車持ってったときに詳細聞いておきますねん。でもマット塗装ってホコリだけ取ってればあんまり洗車する必要ないんで結構楽な気もします。

  5. 名無しの車好き より:

    過去記事ですが、ご納車おめでとうございます

    以前、銀杏並木にて、お写真撮らせていただきました!ご丁寧に両ドアを開けていただき、とても格好よく写真が撮ることが出来ました!本当にありがとうございました。今まで見たアヴェsの中で一番キマってました あのときはぜんせーさんのこと知らなかったのでただ優しいアヴェンタドールオーナーさんに会った としか思ってませんでしたが、今思えば凄い方にあったなぁと 感じています✨

    • ぜんせー より:

      コメントありがとうです!写真撮って頂いたんですね、今度svjが納車されたらまた撮っちくり。

      こだわってコンフィグしたアヴェが認められて嬉しいっす。これはつまりボクのセンスがよかったと。そういうことかもしれない。

コメントを残す

関連キーワード

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事