不動産の追加購入。と、ただ思ったこと。

本日不動産を1件買い足した。小さなワンルームだ。先日UPした記事に書いてある業者さんから継続して買った。不動産はこの業者以外から買うという選択肢はない。今回も良い物件だった。これから更に外国人採用を強化するので、受け入れ体制強化のために使おうと思う。

ここ最近は不安定な金融商品から手を引き、堅実な不動産へと資金を移動させている。一発勝負の高額配当より、少なくても確実な利回りでコツコツ積み上げていこうと思う。こう見えてボクは堅実派だからのぅ。

投資に正解がない以上、ボクがやっていることが正しいとは言えない。もし正解があるとすれば、世論に惑わされず、自分のやり方を貫くことだ。隣の人が株で一発当てたからといってあなたが同じように当てるとは限らない。他者と比較せず、自分の道を自分の足で歩けば良いのだ。

新しい目標もできた。ボクが望むリターンを達成するには50件ほど不動産を回さなければなるまい。しかしすべてを不動産にすると偏るため、適正なポートフォリオを模索し続ける。自分のリソースは事業に100%コミットし、あとはお金に働いてもらえばよい。幸いにも隣には金融プロフェッショナルのミート君がいるし、新興系の金融商品は役員勢が詳しい。ボクが血眼になって情報を漁らなくても知識と経験に基づいたアドバイスをいつでも受けることができるし、彼らは全力でボクの資産を守ろうとしてくれるだろう。すべては人に通じるというのはこういうことだ。私利私欲に走る人に優れた人間が付いていくことはない。

これが一つの真実なら、企業経営者がやるべきことは自ずと見えてくる。人を育て、人を信じ、人に投資を惜しまない。そういう心構えは結果的に利益を生む。良い人間が回りに溢れ、自然と利益を運んできてくれるようになる。ネットに溢れる投資情報に翻弄されたり、一時の相場に心が奪われることもない。必要のない情報は遮断し、必要なところに意識を向ける。とても重要だ。 
 

さぁて、また良い物件に出会える事を祈っている。コツコツと積み上げることは意外にも楽しい。今もっとも楽しいのは良い金融商品に出会う事。もっともイヤなことはリセールの悪いクルマに出会う事だ。

今日はジョン・クーパーの清算を済ました。30万円もの足が出た。リセールが悪く、本当に最悪なクルマだと思う。次はBRZを売却する。きっとコイツはさほど期待を裏切らないはずだ。手持ちがアルファードとNBOXだけになればボクの心も安泰だ。もう日本で輸入車を買うことはないだろう。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事