ボクはBMWが嫌いになった。プチトラブル続きのBMW X1をカリフォルニアのディーラーで治す!

だいぶ前にUSトヨタのBenzaからBMW X1に乗り換えたんですけどね。定番の空気圧センサーの異常が2回、そして今回、

ランプ系統に異常のアラートが付きました。ウインカーが高速点滅です。。専門店に聞いてみるとバルブ切れじゃなくて、コネクタの異常。アッセンブリ交換が必要なようです。

どれもプチトラブルなんですけどね、ちょっち回数多い印象です。

以前1991年式のAMG560SELと1995年式のAMG W124に乗っていたんですけど、今回乗っているBMW X1より全然古いくせにこういったトラブルは皆無でした。いや、というかトラブルっちゅうトラブルは発生しなかったな。

趣味で乗っているならまだしも、あくまで足車としての利用。そしてクルマがないと何もできないロス生活。プチトラブル毎にディーラーに行き、修理したり預けるっていうのは致命傷になるんですよね。

ごねててもしょうがないんでBMWディーラーに行きます。「ウインカーに問題が」って言っても通じず、正しくは「ブリンカー」と言うっぽいっす。ディーラーは日本と違ってスタッフが大勢います。セールスさんですね。アメリカのディーラーのセールスはフルコミッション制が導入されてたりするので、とにかく売るのにみんな必死です。新車もコンフィグしてオーダーするというより、数ある在庫車から選ぶっていうのが主流のよう。

店舗はどこも大きく、グッズや展示車がたくさん。

ディーラー内にスタバも入っています。顧客は無料で利用可能っす。

結局パーツ欠品ということで修理は先送りに・・パーツが入庫したらまた出向き、修理の間預ける必要がありそうです。代車出してくれるんかな。しかもウインカーの異常だけなのにパーツ代14万ってどうなのよ。あーあBMWってク〇だな。いや保証切れがダメなのか。

店内のモニターでカーチェイスのライブをやっていました。アメリカはカーチェイスを生配信するんすけど、みんなコレが好きなんすよね。

スタッフは仕事を放り投げ、みんなモニターにくぎ付け。追われてるクルマの逃げ方を絶賛したり、どっちを応援しているのかわかりましぇん。しばらくボクも見てたんすけど、バス停に突っ込んで御用となっていました。大体カーチェイスの結末はどこかに衝突して終了するのがポピュラーなようです。 
 

ちゅうわけで今回は修理しますが、乗り換えを検討することに。もうやっすいトヨタ車にする予定です。クルマがないと何も行動ができないロス生活、くだらないトラブルさえなきゃいいわけです。また、BMWは走る喜びを重視しているので、ステアリングが重く、サスも固め。FRなのでバンプした際、後輪が空転するケースも多いです。これらの特徴は、常時クルマを利用しなければならず、道が悪いカリフォルニアの環境ではあまり良いと思えるものではありません。選定ミスったな。

東京だと趣味的観点でクルマを選んでいましたが、最近はガラりとクルマに対する考えが変わり、馬力やスタイル、希少性、ステータスはどうでもよく、壊れず安定し、燃費がよく、乗り心地に優れるクルマに目が行くようになってきました。 
 

つまり、

NBOXが最強ってことでよろしいでしょうか。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事