ケーニッヒベンツに価値はあるのか!?ネオクラベンツを投機的視点で見てみよう

ある一日の会話です。

 
 

・・・ハローぜんせー。今日は投資先の国際会議なんだ。

 
 

ほぅ。諸外国の奴らに日本のネオクラ車の値段を不当に上げるなと伝えておいてくれ

 
 

・・・ボクのパートナーでスウェーデン人のK氏がいるんだ。彼は君と一緒でコアなネオクラファンだし、ヨーロッパのネオクラコミュニティにも参加してる人物さ

 
 

おぅ。以前辰巳で会ったな。彼がネオクラ好きとは知らなかったぜ。

 
 
 
 

・・・彼にいろいろ聞いてみるよ・・

 
 

 
 

・・・

 
 

・・・っていうワケなんだK氏。ボクのパートナーのケーニッヒヲタが海外勢にぶーたれててね。

 
 

K氏:ナルホド。確かにヨーロッパには日本に90年代車両を買い付けにいくディーラーがたくさんいるよ。日本の車両は本当に程度が良い、みんな狙っているよ。

 
 

・・・そうかい。90年代車ならなんでもいいのかい?

 
 

いいや。ヨーロッパはノーマル至上主義。カスタム車は評価されずらい。

 
 

・・・80、90年代ベンツ、特にケーニッヒはどうだい?

 
 

ネオクラベンツは大人気さ。でもケーニッヒは公式のチューナーじゃないだろ。だからカスタム扱いされてしまって評価されずらい。エアロ付けた瞬間、価値は落ちる。実際ケーニッヒベンツがコミュニティに売りに出た時、誰も見向きもしなかった。

 
 

・・・なるほど・・

 
 

AMGやアルピナは高値取引さ。彼らは公式チューナーとして見られているからね。

 
 

・・・これはボクのパートナー、ケーニッヒヲタの投機的持ち物だ。どう思う。
 
 

Oh。これはヤナセモノだね。

 
 

・・・ヤナセを知ってるのかい・・?

 
 

もちろんだ。日本の車両は人気だと言ったろ。

 
 

走行5万キロ台。フルノーマル。記録簿完備だ。

 
 

素晴らしい。これはスグに買い手がつく。おそらく350万くらいが相場だろう。

 
 

・・そんなものかい?

 
 

今ヨーロッパは景気が悪い。全体的にネオクラシック系は値下がり傾向にあると思うよ。空冷ポルシェも一般的なもの、例えば去年の夏600万ついたものが450万まで下がってたりする。

 
 

今EU危機だからねぇ・・

 
 

それでもネオクラ車の価格維持は強いよ。人気だからね。実際にドイツで作られ、日本へ行き、中東を周り、最後またヨーロッパに戻ってくる車両も多い。日本からの出物は信頼性も抜群さ。

 
 

 
 

・・・

 
 

・・ってことだったよ・・

 
 

あらやだ。オレの560、既に100万以上の利益じゃないの。嬉しい。しかしそう思うと日本の市場に出てるw126は総じて高すぎるな。

 
 

・・海外勢に持っていかれてるのは本当なんだね・・

 
 

うむ。お宝が日本から消えてゆく。

 
 

・・しかしヨーロッパの経済はかなり危ない。やはりネオクラの値段にすら影響するんだな。

 
 

うむ。それを反映するかのようにオレのヨーロッパファンドの含み損が拡大中だ。もう数字見るのもいや。しかしネオクラの相場が落ちる。それは納得できんな。ちょっと聞いてみよう。

 
 

 
 

blowイソップ:ふうむ。残念ながら市場の相場は下がってないな。まったくといっていいほど。ポルシェもね。ネオクラベンツは下がるどころか上昇の一途だ。つい最近、詳しくは言えないけど最終S600低走行フルノーマルが過去数年で最大の落札価格を記録したよ。なんと価格は***円だ。

 
 

・・な、なんだと・・。ちと世界の相場表と比べてみよう。

 
 

直近3年間の98最終W140 S600の動向だ。緩やかに上昇傾向とは言え、目立った値上がりはないはずだ。コンクールコンディションで1万5千ドルの価値しかないのに、そのS600は倍以上。跳ねに跳ねたな。
 
 

うん。極上コンディションは選べるほどタマがないだろ。相場ってのはたった一人でも値付けする人がいればそれで形成されてしまう。今回の落札されたS600でまた新たな高値相場ができてしまったよ。もう値上がりは必至だろう。

 
 

・・・なるほど。W140もW126同様、これから天井知らずの上昇曲線を描くかもしれないね。やはり世界的には値下がり傾向にない。

 
 

うむ。今やアメリカとヨーロッパだけじゃない。中東、アジアも強いはず。ヨーロッパが落ちようが彼らが下支えする。価値は上りはせよ、落ちる事はしばらく考えずらそうだ。

 
 

今、世界はエンジンを廃止する方向に動いている。2030年から徐々に本格化するだろうね。

 
 

そうなった時、黄金の90年代車達は記録的な価格をはじき出すかもな。

 
 

超長期視点で見れば今のうちに買っておくのは良い投資か。

 
 

むしろ今はまだ安いんだろう。短期、中期的視点で見ても儲かる確率は高い。既にオレの560も含み益は100万近い。買ってスグにだぜ?

 
 

いや既に上がりきってる感もある。BMWのM系はすごいよ。最近昔のM3が出品されたんだけど、1000万を超えた。末端価格は1500万以上になるんじゃないかな。ボクら業者からすれば考えられないほどの値上がりさ。

 
 

BMWもか。しかしどういったクルマが高く評価されるんだい?

 
 

BMWのMとか、AMGは跳ねる傾向にあるね。あとはノーマルの低走行車だ。それにワンオーナー、記録簿が付いてくると良い。特に走行距離は値段に大きく響く。過走行だと一気に価値は落ちるよ。

 
 

走行距離か・・つまり乗るな。と・・。まぁクルマは趣味性が高いからな。そこまで気にする必要もないんだろうけど。愛車の値段が上がっていくほど気持ちいいことはないだろう。

 
 

・・・ケーニッヒは評価されないけどね・・エアロ付けた瞬間だだ下がりさ。

 
 

・・うむ。いや、でもケーニッヒもアジア、中東では人気だぜ。最近国内のケーニッヒはドバイがよく買っていくと噂を聞いた。

 
 

・・・確かに。日本は成長が鈍化。むしろ落ちてるからな。ケーニッヒみたいな派手な車両は経済が元気な国のほうが需要があるんだろう。

 
 

・・・となるとバリモンフルノーマル系はアメリカ・ヨーロッパへ、ケーニッヒは成長著しい新興国へ売るのが最も高く評価されるのか。本当は日本国内に存在していて欲しいけどな。

 
 

日本は新しい物が刺さる国だぜ。型落ちへ向く人は少ない。しかし、君、ケーニッヒ売りたいのかい?

 
 

・・・まさかな。売る気はないよ。ただ価値が落ちる物に情熱と時間、金を投入するのがイヤだ。

 
 

君はそこまで情熱あるんだからリセール気にしなくてもいいんじゃないか

 
 

オレの情熱は相場とセットなの。価値が上がるのは承認欲求を満たすことなの。起業家魂=お金儲け=社会還元なの。オレのカーライフの哲学なの。

 
 

確かに君はアヴェンタドールの飽和による値下がりと同時に情熱も消失したな。そういうことか。でも・・白の560SELにケーニッヒエアロだけは付けるなよ・・

 
 

 
 

と、いうわけで一日のトークを簡単にまとめた。やはりノーマルいやAMGこそ最強。でもま、いいよケーニッヒは日本に根強いファンもいるし、あの堂々たるフォルムは唯一無二。AMGのワイドフェンダーなんかじゃ太刀打ちできない迫力。しっかりレストアして長く楽しんでいくよ。

ヨーロッパの経済が悪化して、それ系の金融商品は評価額を落とした。5年以上もまわしてこの結果だから嫌気もさす。まぁ全部自己責任だけどさ、ここで愚痴らせてくれてもいいじゃないか。そんな傍ら、ただ持っていたロレックスの値上がりにはびびったし(ロレックスは影でコントロールされていると聞く)、手に入れた560SELの評価額も良い。もちろんネオクラ車にも相場の上げ下げはあるが、絶対数は決まっており、そして日々減る事はあっても増えることはない。この習性は下落相場を作りづらいんだよね。

まぁ趣味と実益を兼ねて相場を楽しむってのも意外と楽しいかもね。少なくとも今は楽しいよ。チンケな金融商品なんかよりずっと。というわけでクルマを投機的視点から見たある一日の会話でした。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事