二台目のマツダ(ユーノス)・ロードスター購入記
 この記事は旧ブログの記事を書き直したものです
やっほー!いろいろトラブルがあったけど、ようやく安心して乗れるNAロードスターが納車されたよ。まぁザックリ言うとアレだ、衝動買いしたNAロードスターがサビッサビだったので納車4日で廃車して、プロショップ保管の程度の良いロードスターを譲り受けたってことね。以下の記事を参考。
 
 
購入したのは神奈川県は都築にある、ロードスターのプロショップJOYFAST。
 

納車までにやってもらったこと

まず、ハードトップ仕様だったからホロに換装してもらったよ。本当は廃車したNAロードスターから移植しようと思ったんだけど、さすがは廃車版ロードスターだね、ホロの取り付けさえ間違っていて、一部の金具が折れていたんだ。だから移植は無理。JOYFASTがストックしているNBロードスター用のホロを付けてくれたよ。

そしてボクがやりたかった事。NAロードスター+RAYS TE37vの装着。軽いボディにこの上なく軽いホイール。最高だよね。ちなみに14インチにしたんだけど、メーカー在庫が残り6本しかなく、売り切れ次第販売終了とのことなんで6本全部買い占めてやったさ。
 
そして、ガラスコーティングをサービスしてもらったんだ。フルレストアってわけじゃないけど、今なお現役で輝きを取り戻せるロードスターってスゴイよね。大好きだよボク。

ついにJOYFASTに取りに行く

やってきたよこの日が。ちょうどアメリカから帰国に合わせて納車日を調整してくれたんだ。


お店到着。たっくさんのロードスターが入庫してたよ。ちょうど休日だったのでお客さん多数。ロードスター界隈は活発だねぇ。
 
 

よし、そろそろお披露目だ。いくぜーぃ。どーん。
 
どーよー。この輝き。いやーこれが数十年前のクルマなんて思えないだろ。現代でも十分に通用するこのスタイル。当時のマツダは何を想い設計したんだろうね。
 
TE37vもこの通り。ブラックボディにブロンズのホイール。この組み合わせ最高。
 
ナルディのディープコーン。これはほぼ新品だよ。廃車版ロードスターから移植してもらった。
 
エンジンもこの通りピカピカ。

さっそくドライブ開始!

納車説明もそこそこに、忙しそうなJOYFASTを後にしたよ。ここまでいろいろ仕上げてくれてサンキュウJOYFAST!サンキュウいさじー!
 
とりあえず家まで。真正面から見るとカエルちゃんだね。一応縁取ってみよう。
 
あ、うん。きもい。

オープン+リトラクタブルライトは最高だ!

天気もいいからね。常時オープンさ。常に視界を遮ってくれるリトラクタブルライト(通称ペカっとライト)は自分がクルマと共にあることを認識させてくれるってもんよ。
ほらね。
 

オープンカーだから乗り方にも気を付ける

実はボク、オープンカーを所有するってこと。人生で初なんだ。ホント言うとねオープンカーって食わず嫌いだったの。なんか中の人見えるし、イキってんじゃねえよ的な?でもカリフォルニアで暮らしていると、オープンカーって普通なんだよね。天気いいしカラっとしてるし。そういうの見てて段々抵抗がなくなってきた。今となっちゃ誰にどう見られてようともさほど関係ない。でも格好にはそれなりに気を付けてるよ。ダッサイ格好してオープン乗ってたらNAロードスターのイメージが悪くなるだろ?オープンカーはオーナーとクルマが一体となってその場の空気を作ることが大事なんじゃないかって勝手に使命感に燃えてるよ。

子供たちにも人気でね。2人しか乗れないからいつも取り合いの喧嘩だよ。なかなかめんどくせえ奴らだぜ・・4人乗りオープンが一台あってもいいかもね。

実はドリ車にしようと思っていた

最近ドリフトにハマっててさ。そのためにBRZを購入したんだけど、故障をキッカケに一度NAロードスターを借りて滑ってみたのね。なんてこったNAロードスターでドリフトってすっごいしやすいんだよ。パワーがあまりないから飛距離が伸びないんだけど、BRZでできなかった事がNAロードスターでは出来たことにすごく感動してさ。だからこのロードスターでドリ・・って思ったけど、いや止めよう。理由はもったいないってことに限る。ボクは90年代、80年代のクルマが大好きだから激しく消耗するドリフトに持ち出すなんてことやっぱりできなかったよ。でもそれでいい。遠くの車庫に止めといて、考えことしたり、頭リセットしたいときにだけ持ち出して走る。オープンで。そういう使い方が一番マッチしてそうな感じがする。

大事に保管しておこう。コイツは所有していることに意味があるのだ。

▼ギャラリーページ

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事