新型Gクラスを試乗(的な何か)

メルセデスが #strongerthantime と標榜しているように、Gクラスはリリース当初からほぼデザイン変更が無く、そしてそれはユーザーが求めた結果そうなってる。

先日Facebookで車仲間達がわらわらとショールームで新型を囲んでいる姿を見ては「あー俺も行きたかったなあ」と枕を濡らしたものだったが、翌日になって車仲間から「試乗枠もらったけど来る?」的なLINEが飛んできてホイホイ行きましたよ。平日の午後3時に。

平日のこんな時間に誰が参加するんだ、思ってたけど仲間6人ぐらい集まってた。自由人達め!

俺とG

かくいう自分も現行のG550に乗ってる。

セダンは色々乗ってきたが、結構Gに対する憧れは根強くあった。カイエンが発売されたとき一瞬心は動いたが、やっぱりあのGのゴツゴツした感じはずっと気になってたんだよね。
ということで、自分が立ち上げたマセラティのオーナーズクラブの会長がマセに乗ってない!っていう状況を引き起こす事態になりながらも強行して手に入れたG。真っ黒なG。六本木ヒルズのG63達の横で控えめに停めるG。
 
これもAbarth同様あまり乗換えを考えたことがない車だ。ギブリのときは同じ車を見かけるたびに「あー、台数増えたなあ」って思ってたのも、Gだとなんか仲間意識出る。
うん、いい車だ。

さて、試乗(的な何か)

あ、外での試乗はないのか。まだナンバーとれてないらしい。
ということで敷地内の絶叫マシーン的な障害物を乗り越える的な感じのやつ。運転はさすがに担当者がやる感じ。

おぉ、傾く。
乗り味については今のGと変わるか正直よくわからん。こんな道走ったことないし。

でもでも。テクノロジー類は興奮した!ガジェット好きだし。
 

傾斜とか表示されるし!使わないけど。
リアカメラとかちゃんと見える(従来はスペアホイールしか見えない)!これは結構使える。
リアカメラどころか全方位カメラついてる!ギリギリの車庫入れとか便利かも。
 
あとあと、結構取り回しがよくなってるみたい。最小回転半径でかい車ばかり乗ってきたからこれは朗報。

結局買うの?

うーん。悩みどころ。一番のネックはサイズ感。今のGを決めた大きなポイントはその幅。あんなにでかく見えて実は1,860mmしかない。新型G550は1931mmとのこと。この差はでかい。確かに車内は広がるんだけどね。
原資脳に聞いたら「買え」「むしろG63だろ(さらに幅が広い)」って声が聞こえてくるんだけど。ちゃんとした試乗してから決めるか。

それにしてもGクラスといえば?と一般の車好きに聞けば「あの不変のスタイリング」と答えるだろう。
それが多分オーナーに聞けば「あのドアを閉めたときの音」って言うんじゃないかな。

証拠に、ショールームに飾られてた車ながめてたら、みんな何度もドアを開けたり締めたりして音を確かめてた。 
我らがぜんせーもガチャガチャしたら受付の子にリモコンでドアロックされちゃったよ。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事