[ケーニッヒレストア]w126 560SELキャラット・ケーニッヒのウッドパネル総リペア - リアルタイムレポートスタート

ニイハオ。

先日からついにケーニッヒベンツのウッドパネル総リペアに着手しますた。

最初はエアコンパネル・アッシュトレイ・シフトプレートの三点です。

職人さんが随時作業進捗をUPしてくれるとのことなので、ボクら一般ユーザーは職人の作業工程をリアルタイムで知る事ができることになります。

職人さんのニックネームは”ツンさん”で東海地区を拠点にしているようです。彼自身もw126をこよなく愛するうちの一人であり、ボクのブログをずっと見てくれていた読者でもあります。ウッドパネル以外にも、ステアリングの製作、メーターパネルのOHもやってくれるというか、できるなら多分なんでもやってくれそうな勢いです。

このウッドパネル総リペア企画、実際に手を動かすのはパネルを外すblowのメカK平氏と、職人ツンさんです。しかし最も重要な仕事はボクにあります。それはウッドパネルを梱包して送付すること。しかしそれさえも妻マッキーがやるという。帝王かよオレ。

 

↑彼が過去手掛けたリペアパネル

 

まずですね、ツンさんが提供するリペアサービスは公式化しておりません。つまり、趣味でやっているんですね。

なので・・・リペア料金が高品質な上に、激安です。

おそらくウッドリペアは高額なケースを想定する人も多いでしょう。だからリペア済みのパネルを高く買ってしまって他と色が合ってねえよ的な。

コストを低く抑えて、かつ高品質なリペアを求める人はツンさんに一度相談してみると良いかもしれません。何故なら、1枚あたりのリペア料金が・・・値段は言っちゃダメと言われたので言えましぇん・・けど、ペラっとお札1枚からの世界です。彼が発信している神技的作業工程を見ると完全な採算度外視が見てとれます。彼が言う、受け取った人が喜んで貰えるのが嬉しいという言葉に曇りが一切ありません。特にOBAハンドルのビフォーアフターは目を見張るものがあります。ちなみにあるところにキャラットのウッド全部を完璧にリペアしたらいくらって聞いたら100万って言われた時は目ん玉飛び出ましたけど、ツンさんと出会えた事で目ん玉戻ってきました。

もしツンさんに作業依頼する場合は、めちゃめちゃ優しい人なのでめちゃめちゃ優しく接して下さい。ネオクラ系リペア職人保存計画は国民一丸となってやらなきゃダメよ。

と、いうわけでこれからケーニッヒのウッドパネル全部を一個一個リペアしていきましょう。

blowがパネルを外し、妻マッキーがそれを送付し、そして職人ツンさんがリペアする。三人、初の共同作業ー。すべては帝王ぜんせーのためにぃぃ。
 
 

以下、ツンさんのブログよりリアルタイムの作業工程が見れます。

 

職人ツンさんのブログ

 

こちらもご参照下さい。

第一弾 シフト・コンソール

作業状況レポ2019年12月18日 - 剥離 -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2019年12月22日 - 補修&突板貼り -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2019年12月22日 - 塗装 -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2019年12月22日 - クリアコート -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2019年12月24日 - 磨き -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2019年12月25日 - 完成 -

詳細な作業工程はコチラ

第二弾 ドア周り

作業状況レポ2020年1月09日 - 剥離 -

詳細な作業工程はコチラ

作業状況レポ2020年1月11日 - 補修&突板貼り -


作業工程はコチラ

作業状況レポ2020年1月14日 - 塗装&色合わせ -


作業工程はコチラ

作業状況レポ2020年1月19日 - コーティング -

作業工程はコチラ

おすすめの記事