マクラーレンとフルチューンド・ポロGTIでアクラライン疾走

先日、フェラーリパーティーで紹介してもらったコーンズさんにGTC4ルッソの試乗に行こうとしたが、納車ラッシュでボクの相手してるヒマないとな。そうか、やはりフェラーリとは縁がない。ランボルギーニの時は当日でも運良く即対応可能だったところを見るとコレも運命。フェラーリは諦めよう。ま、どうせ買えないけどなぁぁ。

そうそう、新しいカメラを新調したんだよね。FUJIFILMの新フラッグシップさ。買った瞬間、仲間のW氏に通達。「オレのSony 7RⅡと比べてみるかぃ?」ということで、アヴェンタM谷氏とマクラーレンW氏と一緒にアクアラインを疾走しながら試し撮り行こうじゃないかと。


目の前がM谷氏のホビーカー、完全サーキット仕様polo GTIだ。コヤツ爆速。ボクはマクラーレンの助手席。しかしこのマクラーレンとやら、スーパースポーツのクセしてコンフォートだぜ。安定感ハンパなぃ。どちらかというとフェラーリと質感が似てるかもな。っつってもフェラーリはM谷氏のカリフォルニアしか乗ったことないけど。

マクラーレンはぇぇぇー。ターボだけど高回転まで回る様子。
いつも安全運転のW氏、今日は飛ばすねぇ。

海ほたる到着。おぅこりゃいつまで経ってもボクの元に納車されないアヴェンタドールSじゃないですか。ゴールドカラーかっこいいね。始めて見たよ。

こ、こりは・・フォードGT?あの名車とうたわれる?しゅげー。

おーNBロードスター!すっごいキレイにして乗ってるね。

すんげー出っ歯ぁ。いや素晴らし感性してるよね日本車のカスタム陣営は。そりゃ海外からリスペクトされるわけだわ。

おおぅ、これは、ホンダシティ?


こ、これは個人的にツボ。

さ、海ほたると言えばラーメンでしょう。

マクラーレンW氏とカメラ談義。彼はライカとSony α7RⅡ二台持ち。ソニーはフルサイズのクセしてボディサイズはFUJIと変わらない。今バカ売れしてるからねソニーは。やっぱりすごいよ。でもシャッターショックがやや大きい感じがする。FUJIFILMのX-H1は手ブレ補正に加えて、シャッターショックを極限まで無くしてるんだけど、これは画質を最優先にするFUJIのスタンスの現れかもね。ボクはまだFUJIとともに歩むよ。

ライカの超高級レンズ。F0.95という化物。ボケボケしまくるよ。マニュアルフォーカスだけどな!まったく使いこなせる自信がないっちゃ。

W氏のマクラーレンとM谷氏のポロGTI。ポロはチューニングされすぎててトルクステアはんぱない。ステアリングがちっと握っていないとどこにすっ飛んでいくか分からないレベル。いやあぶねえって。それにしてもM谷氏、最近アヴェンタドールに乗っている様子がない。結局いきつくところはスポーツコンパクトなんかな。

ちゅうわけでクルマとカメラという男の趣味にまみれた週末の夜でした。

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事