速報:ぜんせーのケーニッヒベンツ。独ケーニッヒ社から本物認定を受ける

いやー長かった。ようやくドイツ・ケーニッヒ社、オリバーケーニッヒ氏より良い回答を受け取った。

最終フェーズとしてBBSホイールのシリアルを送付。その結果のメッセージ。

オリバー・ケーニッヒより

That´s what I needed. So congratulations from the previous pictures together with the
numbers you can tell it is an original KOENIG bodykit and wheels.

So in that case we could issue a certificate of origin.

おめでとう!諸々加味して、君のケーニッヒ・ボディキットとホイールはオリジナルだ。よって、認定書を発行することができる。

これでボクの89年式、キャラット 560SELケーニッヒ仕様はケーニッヒ社認定書付きというステータスにアップグレードを果たした。うーん、自己満足な世界だけど、マジで嬉しい!

認定書が届くのを待って、どうやって本物認定を取るのか記事にまとめようと思う。乞うご期待。って誰も期待してねえってな。

 
 

何故本物認定にこだわったか 
ケーニッヒってぶっちゃけ側だけのハリボテなんだよね。そりゃぁスパチャついてりゃ違うかもしれないけど、スパチャやターボも所詮、他メーカーのものにケーニッヒって名前を付けてるだけ。じゃぁ何に価値を見出せばいいか。そりゃもうケーニッヒ社が認定しているエアロかどうかってとこよ。ケーニッヒ の世界観を醸し出すブリスターエアロ。惚れたその世界観。それがコピー品だったら・・・オレ悲しい

 
 

シカト決め込むキャラット社 
ケーニッヒ社のフレンドリーさに比べ、クルマの装甲化を事業とするキャラット社は鉄壁です。本物認定しろゆうてもまったくナシのつぶて。こうなったらミート君をドイツに放り投げるしかない。
 
 
・・・Guten morgen
 
 

 
 

ケーニッヒレストアに本腰を入れる 
これでつっかえが取れたのでケーニッヒレストアを本格化しようと思う。モットーは「あるべき姿」本当はダッシュレザー張りとか、ステアをコンビ化とかしたいけど、そうしちゃうとキリがないからやめる。エンジンもミッションもフルオーバーホールして新車に近づけていこう。

 
 

協力してくれた、blowさんと

セントラルオートさん

スペシャルサンクス!

フォローしてちょんまげ

おすすめの記事